おすすめ小学生向け通信教育比較

小学生に人気の通信教育は主に、進研ゼミ(チャレンジ)・Z会・スマイルゼミ・スタディサプリなど、他にも多数の教材があり、いざ我が子に通信教育を受講させようと思うとどれが良いか迷ってしまいます。

わが家では幼稚園から小学生・中学生と通信教育を通算11年間受講してきました。その経験とママ友など周囲の話を聞きながら、小学生の通信教育を比較しまとめてみました。

通信教育教材は似ているようで各社教材の特徴がありますので、おすすめポイントとどんな子どもや家庭に向いているかをご紹介します。

小学生の子どもに通信教育を検討している方が参考になれば幸いです。

目次

小学生通信教育の料金比較表

小学生の通信教育は多数ありますが、なかでも人気の通信教育である進研ゼミ(チャレンジ)・Z会・スマイルゼミ・スタディサプリの学年ごとの毎月払いの料金を比較した表です。

通信教育各社は、毎月払いのほかに一括払いがあり、年間一括払いにすることで割引が適用されます。

スクロールできます
通信教育1年生2年生3年生4年生5年生6年生
進研ゼミ3,680円3,680円4,490円4,980円5,980円6,440円
Z会4,620円5,060円8,415円9,515円9,790円10,065円
スマイルゼミ4,268円4,510円5,170円5,830円6,710円7,260円
スタディサプリ2,178円2,178円2,178円

※Z会の3~6年生の料金は本科4教科に専科の英語を追加した料金になっています。

小学生通信教育の特徴比較

進研ゼミ 小学講座の特徴

進研ゼミ小学講座は老舗ということもあり、知名度も高く受講している小学生も非常に多い通信教育となっています。

同じくベネッセの幼児向け通信教育こどもちゃれんじも人気であり、幼稚園の頃にこどもちゃれんじで通信教育を初めて、その流れで小学生でも進研ゼミを受講している家庭も多いのでは無いでしょうか。

こどもちゃれんじの人気キャラクター「しまじろう」のように、進研ゼミ小学講座の低学年向けには、オリジナルキャラクター「コラショ」を使い、勉強に対して興味を持ちやすくしています。

キャラクターの他にも、マンガやゲーム感覚の勉強ができる電子教材などを活用し、継続して学習できる工夫がされているのが特徴です。

進研ゼミ小学講座には、テキスト教材であるチャレンジとタブレット教材のチャレンジタッチがあり、どちらのコースで受講するか選択することになります。

チャレンジタッチで使用するタブレットは専用端末であり、端末料金は無料となっています。

進研ゼミおすすめポイント
  • 大手通信教育のなかで受講料が安い!
  • テキスト教材とタブレット教材(チャレンジタッチ)が選べて、しかも端末料金は無料!
  • 付録や電子教材が充実しており、テキスト教材の装飾も華やかで子どもが興味をもちやすい!
進研ゼミはこんな子どもや家庭におすすめ

進研ゼミ小学講座は比較的、学習に興味を持ちやすくするような工夫がされているため、通信教育を始めて受講する子どもや家庭での学習習慣のついていない子どもに向いています。

新1年生や低学年の子を持つ親御さん、これから子どもに通信教育を初めさせてみようと考えている親御さんは進研ゼミ小学講座を検討してみてはいかがでしょうか。

また、進研ゼミは他の通信教育と比較すると受講料金が安いため、費用をできるだけ抑えたい家庭にもおすすめです。

Z会 小学生コースの特徴

Z会は、現在、小学生のお子さんをもつ親御さんが小学生の頃からあり知名度も高い通信教育の一つ。Z会と言えば昔から難しいイメージや、勉強のできる子どもが受講するというイメージを持つ人が多いのでは無いでしょうか。

Z会は他の通信教育と比べ、問題が良質であるという評価をする方が多く、実際、難易度も比較的高くなっています。出題問題は基礎→応用→発展へと段階的につながる構成となっており、教科書レベルを超えた学力を養うことができます。

Z会はスタンダードとハイレベルを選択して受講しますが、スタンダードであっても教科書を越えたレベルの内容を扱っています。

Z会は、公立中高一貫校への圧倒的な合格実績があり、中学受験を検討されている家庭では通信教育はZ会を選ばれている方も多くいます。

Z会おすすめポイント
  • 良質な問題が多い!
  • 応用・発展問題の難易度が高く教科書レベルを超えた学力を養える!
Z会はこんな子どもや家庭におすすめ

Z会は他の通信教育と比較すると応用問題や発展問題の難易度が高めになっており教科書以上の学力を養える教材になっているため、学習意欲が高い子や中学受験を考えている家庭におすすめの通信教育です。

また、現在、進研ゼミやスマイルゼミなどを受講している子どもが、もの足りなさを感じているようであれば、Z会に変えてみることもおすすめします。

スマイルゼミ 小学生コースの特徴

スマイルゼミはタブレットに特化した通信教育であり、進研ゼミやZ会がテキスト教材とタブレット教材を選択するのに対して、スマイルゼミはテキスト教材はありません。

受講に必要なすべてをタブレットに集約しているため、付録なども無く、付録や教材が溜まってしまうようなこともありません。

専用タブレットは手をついて書けるため、紙と同様に書けるためタブレット特有のストレスが無いのが特徴です。また、壊れにくい設計のため、低学年の小学生であっても安心して利用することができます。

「子ども英語教材」において(株)イードの保護者が選ぶ満足度No.1に2年連続選ばれており、コースによっては英検2級までの対策ができるようになっています。

スマイルゼミおすすめポイント
  • 手をついて書ける専用タブレット!
  • 英検2級までの対策ができる!
  • 小学生低学年ではゲーム感覚で勉強に取り組める!
スマイルゼミはこんな子どもや家庭におすすめ

スマイルゼミはタブレットに特化しており、紙教材ではなくタブレット学習を検討している家庭や、子どもの英語教育にも力を入れたい家庭におすすめです。

また、通信教育といっても低学年の子どもはゲーム感覚で問題に取り組むことができるため、家庭での学習習慣が身に付いていない子ども抵抗感なく継続することができます。

スタディサプリ 小学講座の特徴

Z会や進研ゼミなどと大きく異なるのがスタディサプリ。厳選プロ講師陣による神授業動画が見放題という、これまでに無かった学習スタイルとなります。

小学生は4年生からが対象で、高校3年生までの授業動画を制限なく、学年を越えて視聴することができます。そのため、得意な科目や学習意欲の高い子どもはどんどん先取りした勉強が可能になります。

動画だけでは学力が身に付くか、心配になりますが全科目講師監修の授業テキストがあるため、テキストに書き込みながら予習・復習ができるようになっています。

スタディサプリおすすめポイント
  • 受講料金が他の通信教育教材と比較して圧倒的に安い!
  • 学年を越えて授業動画を視聴できる!
スタディサプリはこんな子どもや家庭におすすめ

スタディサプリは動画を視聴して学習を進めるスタイルであるため、家庭での学習習慣がある程度身に付いている子どもにおすすめです。

また、学年を越えて先取り学習ができるため、学力が高い子どもがさらに学力を向上をさせる場合にもおすすめであり、塾の代わりとしても利用できます。

受講料金が安いのも大きなメリットであり、塾や他の通信教育と比べると圧倒的に安いため、家庭での学習費用が家計の大きな負担になることが懸念されている家庭におすすめです。

小学生向け通信教育教材の比較は「通信教育で小学生の子どもにおすすめはコレ!人気教材を徹底比較」を参考にさせてもらいました。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる